子どもがいない相続では遺留分がない遺言書が役に立ちます

遺留分がない遺言書

子どもがいない相続で遺言書が役立つ

子どもがいないご夫婦や単身者の相続では、遺言書が本当に役に立ちます。

ちゃんとした遺言書であれば作って損はないとまで言うことができます。

なぜかというと、遺留分がないため、遺言書に書かれた財産をもらえる人が遺言者を虐待するなど特別な理由でもない限り、遺言者は遺言書に書かれたとおりに財産をあたえることができるためです。

遺留分については「相続でよく聞く遺留分って何?」をご覧ください。

子どもがいないご夫婦の場合

子どもがいないご夫婦の場合、直系尊属となるご両親等が死亡していると相続人は配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

このような場合、遺言書がなければ、兄弟姉妹が「財産を欲しい」と言ってきたら、虐待していたなどの特別な理由がない限り、兄弟姉妹に財産を与えなければなりません。

そうなると、残された配偶者の今度の生活に影響を与える可能性もありますし、なにより、ご夫婦でがんばって貯めたお金を兄弟姉妹に与えなければならないことに抵抗があるのではないでしょうか。

このようなことにならないために、相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、遺留分がないので遺言書を作成しておけば、すべての財産を配偶者に与えることができます。

子どもがいない単身者の場合

子どもがいない単身者(配偶者が死亡している場合や未婚者)の場合、直系尊属となるご両親などが死亡していると、財産は兄弟姉妹が相続人となります。

兄弟姉妹が死亡している場合は甥姪が相続人となります。

このような場合、単身者が「お世話になっている人に財産を与えたい」と思っている場合は、その人に全財産を与えることができます。

私のご依頼者様で多いのが「兄弟姉妹または甥姪が単身者の介護をしており、その人にすべての財産または他の相続人より多く財産を与えたい」というご相談です。

何もしてくれない人より面倒を見てくれる人に財産を与えたいという気持ちはごく自然のことであり、兄弟姉妹とってもうれしいことです。

相続人が兄弟姉妹または甥姪の場合、遺言書を書いておけば、遺留分がないので遺言書に書いた人に財産を与えることができます。

相続人がいない場合

相続人が全くいない場合、相続財産はすべて国庫のものとなります。

国に貢献したいと思っている人なら遺言書は必要ないのですが、誰かに財産を与えたいと思っているのであれば、遺言書が必要になります。

お世話になっている人、親しい友人、応援したい団体などに財産を与えたいと思っているなら遺言書を作成してください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする