遺言書が作れるか認知症を調べる

遺言書と認知症

簡易検査で認知症か調べる

遺言書を作るためには意思能力があるかないかを確認しなければなりません。

意思能力がない場合に作った遺言書は無効となってしまうからです。

簡易的に判断する材料として「長谷川式簡易知能評価スケール」があるので、遺言者が認知者で意思能力があるかないかわからないという場合はこれをご活用ください。

30点満点中20点以下だと認知症の疑いがあると判断されます。

長谷川式簡易知能評価スケール
問題 点数
お歳はいくつですか? (2年までの誤差は正解) 1点
今日は何年何月何日ですか? 何曜日ですか?

(年、月、日、曜日が正解でそれぞれ1点ずつ)

各1点
 私たちがいまいるところはどこですか?

(自発的にでれば2点、5秒おいて家ですか?病院ですか?施設ですか?のなかから正しい選択をすれば1点)

 2点
これから言う3つの言葉を言ってみてください。あとでまた聞きますのでよく覚えておいてください。

(以下の系列のいずれか1つで採用した系列に○印をつけておく)
1: a)桜  b)猫  c)電車
2: a)梅  b)犬  c)自動車

各1点
100から7を順番に引いてください。

(100-7は?、それからまた7を引くと? 、と質問する。最初の答えが不正解の場合、打ち切る)

各1点
私がこれから言う数字を逆から言ってください。

(6-8-2、3-5-2-9を逆に言ってもらう、3桁逆唱に失敗したら、打ち切る)

各1点
先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください。

(自発的に回答があれば各2点、もし回答がない場合以下のヒントを与え正解であれば1点)

a)植物  b)動物  c)乗り物

各2点
これから5つの品物を見せます。それを隠しますのでなにがあったか言ってください。

(時計、鍵、タバコ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係なもの)

各1点
知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。

(答えた野菜の名前を右欄に記入する。途中で詰まり、約10秒間待っても出ない場合には そこで打ち切る)
0~5=0点, 6=1点, 7=2点, 8=3点, 9=4点, 10=5点

最高5点
スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする