相続人に納得してもらえる遺言書を書くための注意点

遺言書を作るときに気を付けること

不備のない遺言書を作れば相続人全員で財産の話し合いをする必要がなく、財産を分割できます。

しかし、不備がある遺言書を作ってしまったばかりに、相続が終わったあとに人間関係にヒビが入ってしまうことがあります。

そうならないためにも、以下を気を付けてください。

1、付言事項を書く
付言事項とは法律に定められていないことを遺言書で付言する事項のことをいいます。遺言書は法律に定められた事項には法的効力がありますが、付言事項については法律に定められた事項ではないため法的な効力がありません。しかし、結果的には付言事項があることにより、遺言者の意思が尊重されて、遺言書に書かれた内容通りの遺産分割をすることが多々あります。なぜかというと遺言は遺言者の最期の思いなので言葉に重みがあるためです。「なぜこのような遺言にしたのか」という理由、日頃言えなかった「感謝の言葉」など、その思いを残しておくことをおすすめします。

2、争いを起さない遺言書を作成する
「争いを起さないために遺言書があるのに、なぜ争いが起こるの?」と言われそうですが、遺言書が火種になって争いが起こってしまうことがあります。主な例を下記に記載します。

①曖昧な表現の遺言事項がある
表現が曖昧だといくとおりもの解釈が可能となります。その結果、相続人各々の都合の良いように解釈し収集がつかなくなり、家庭裁判所を利用することになってしまいます。その結果として時間と手間が掛かり、さらに相続人間に人間関係ヒビが入ります。

②遺留分を侵害する場合
遺留分は侵害しても遺言書が無効になるわけではないのですが、できれば遺留分を考慮した遺言にしましょう。遺留分を侵害した場合は遺留分減殺請求がなされる可能性があり、煩わしい手続き等をする必要が生じること、そして遺留分減殺請求をする人とされる人は人間関係にヒビが入ります。遺留分を侵害する遺言書を作る場合は、できる限り理解を求めたり、付言事項でご事情をご説明しましょう。

③特定の人の相続財産を大幅に増減させる
これは「遺言者を強迫して無理やり書かせたのではないか?」という疑いや「あいつはあんなに取り分が多くてズルい」という妬みを生みます。こうした場合は付言事
項で「なぜ、そのようにしたのか」を書いておけば大いに効果があります。

3、無効の遺言書は作らない
当たり前のことなのですが、無効になってしまう遺言書は作成しないようにしてください。ただ単に無効になるだけならまだ良い方で、これが争いの火種になることがあります。例えば遺言書に「Aに土地を与える」と記載しておいて、その遺言書が無効になると、Aは「遺言書は無効だけど、故人の意思を尊重して遺言書通りにしよう」と言いますが、Bは「何言っているんだ、無効なんだからみんなで分割すべきだ」と言い争いが起きます。このようになると相続人それぞれの思惑が交差して収集がつかなくなります。

4、遺言執行者を決めておきましょう
遺言執行者とは、遺言書に書かれた内容の手続きをおこなう者です。この遺言執行者を決めておけば、遺言書に書かれている内容の手続きをすべて行ってくれるので、財産をもらう人は楽です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする