遺言書を作成することは相続対策となるメリットもあります

遺言書を作ることは相続対策にもなります

遺言書を残すことにはさまざまなメリットがあります。

一番のメリットは相続争いを防ぐことですが、それだけではなく、その他にもいろいろあるので、ご参考にしてください。

相続争いを防ぐことができる

遺言書が無い場合、遺産分割協議により相続人全員の意見が一致しなければ遺産分割ができません。

一人でも遺産分割協議で反対する人がいれば遺産分割は成立しないので、相続手続きはできません。

もし遺産分割の話し合いがまとまらなければ家庭裁判所に調停を申し立てることになるのですが、遺言書で遺産分割の方法を記載しておけば遺産分割協議が必要ないので、家庭裁判所に申し立てを行わなくても相続手続きを行うことができます。

この文章を見て「うちはそんなに財産がないから大丈夫」と思った人は、本当に安心だと言い切れますか?

この遺産分割に関する争いは、財産が多い場合よりも少ない場合のほうが争いが起こっています。

相続人以外の人にも財産を分けることができる

お世話になった人に相続で財産を分け与えたい場合は、遺言書を書くことにより分け与えることができます。

例えば、「自分の息子の嫁が介護してくれた場合」、「内縁の妻がいる場合」などです。

このような人は相続人にはなれないので、遺言書が無ければ財産を受け取る事ができません。

相続させる財産に差をつけることができる

相続人に渡す財産に差をつけたい場合は、遺言書でそのように記載しておけば、法定相続分より多くしたり少なくしたりできます。

例えば「前妻の子供と現在の子供の受け取る財産い差をつける」「事業を継いでくれた長男には少し多めに財産を残しておく」というような場合です。

ただし遺留分には気を付けて相続させる財産に差をつけてください。

相続手続きを簡略化できる

遺言書があれば原則として財産を受け取る人の分だけの書類があれば相続手続きができるので、手続きの簡略化ができます。

遺言書がないと相続人全員の同意書や印鑑証明書、遺産分割協議書の押印等が必要になり、時間と手間が掛かります。

部外者を除くことができる

本来は相続とはまったく関係のない部外者である人が、意見を言うために、まとまる話もまとまらなくなくなるという場合があります。

例えば、「相続人の配偶者が、少しでも財産が欲しいために話しに入ってくる」「相続人ではない兄弟が財産が欲しいために邪魔をしてくる」「いっしょに住んでいた子供の妻が相続権を主張してくる」という場合です。

勘違いで笑ってすめばいいのですが、相手が頭に血が上り収集がつかなくなってきたら大変なことになりかねません。

ただでさえ面倒な相続手続きが複雑になるので、無駄な時間と手間がかかり余計な体力を使います。

そうならないためにも、遺言書で遺産分割をはっきりさせておきましょう。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする