遺言書を作ったほうがよいと思うおすすめの人は誰?

こんな人は遺言書を作ったほうがよいです

ちゃんと作った遺言書であれば、ないよりあったほうがよいのですが、以下に該当する人は特に遺言書を作ったほうがよいです。

●財産の分け方を決めたい場合
財産をどのように分配したいかを遺言書で書かないときは、財産は決められた相続分を相続人に分割することになります。自分の意思を残したい場合は遺言書が必要です。
●子供がいない場合
子どもがいないご夫婦や単身者の場合には兄弟姉妹が相続人となりますが、そこにはいろいろな問題が発生します。しかし、遺言書があれば、遺言者の思い通りに財産を与えることができます。詳しくは子どもがいない兄弟姉妹の相続では遺留分がない遺言書が役に立ちますをご覧ください。
●妻や夫などの相続人が認知症の場合
妻や夫などに限らず、相続人の誰かが認知症や障害者となっており意思能力がない場合、遺言書がないと成年後見手続きをしなければ相続手続きができません。しかし、遺言書があれば相続手続きができます。詳しくは夫や妻などの相続人が認知症の場合には遺言書が役に立ちますをご覧ください。
●財産のほとんどが自宅の場合
自宅を誰かに与えたい場合、遺言書に自宅を誰に与えるかを書いておいたほうが、自宅を売却せずに相続できる可能性があります。
●配偶者が亡くなり、相続人が子ども同士の場合
子供は親の老後の生活への配慮や親が作った財産ということもあり、子供はあまり強く言えないという気持ちがありますが、両親が亡くなった後はそのような事情がないため子供同士で争う場合があります。そのため、遺言書で自分の意思を伝えることが大切となります。
●日頃お世話になっている人に恩返しをしたいと思っている場合
相続人でない人に財産を与えたい場合には遺言書がないと財産を与えることができません。例えば、自分の息子の妻が介護をしてくれているので財産を与えたい場合です。
●身内同士での相続財産の紛争を回避したいと思っている場合
遺言書がない場合、遺産分割協議が必要になりますが、この話し合いがまとまらず争いになることがあります。しかし、遺言書があれば遺言者の意思をくんで争いが回避できることがあります。
●再婚をした場合
前妻との間にできた子どもも相続人となるため、例えば、現在の妻や子どもは、前妻の子どもと遺産を分けることは快く思わない場合です。少しでも多く現在の妻や子どもに財産を残したい場合には遺言書が役に立ちます。
スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする