公証役場で作ることができる相続に役立つ公正証書遺言とは

公正証書遺言

公証人が作成する遺言書

公正証書遺言とは、公証役場の公証人が証人2人と遺言者の面前で作成する遺言書です。

そのため、遺言書として高い証明力がありるので、余計な争いごとを避けたいのであればおすすめの遺言形式です。

なお、公証人は違法なことは別として言われたことを遺言書にするだけであって、本人が役に立つ遺言書はどのようにすればよいかを考えてくれたりはしないことにご注意ください。

将来のことを考慮して遺言書を作る

遺言書は、将来起こり得ることを考慮して作成したほうがよいです。

例えば、遺言書で「妻と子それぞれ預貯金を2分の1を相続させる」と書いたとしても、もし子どもが遺言者より先に亡くなってしまった場合、子どもに与えようと思っていた預貯金は受取人がいなくなってしまいます。

このような場合には、また遺言書を作らないと、子どもに与える予定だった財産は相続人全員の話し合いで決定することになってしまいます。

このような問題が発生しないように遺言書の文章には注意が必要です

公正証書遺言のメリット

●公証人が清書するので形式不備が起こらない
最終的に公証人が文章を確認するので書かれていることに不備は起こりません(個々の事情にそって遺言書の内容を考えてくれるようなことはありません)

●原本は公証役場に保管されるので、変造、隠匿などの危険がない
たとえ遺言者の持っている正本や謄本を誰かが変造、隠匿等をしても、原本は公証役場にあるので、調べればすぐにニセモノと判ります。

●家庭裁判所の検認が不要
自筆証書遺言と異なり公正証書遺言は検認が不要なので、家庭裁判所のわずらわしい検認手続きはなく、速やかに相続の手続きをすることができます。

●書くことができない人でも遺言書が作成できる
自筆証書遺言のように自書する必要はないので、体が不自由な人でも遺言書を作ることができます。

公正証書遺言のデメリット

●手続きに手間がかかる
公証役場に行き公証人との打ち合わせや書類の収集が必要なので、その分時間と手間が掛かります。

●費用がかかる
公正証書遺言は公証役場や住民票等の手数料が費用として掛かります。

●遺言書の内容が知られてしまう可能性がある
遺言書は公証人が証人の目の前で読み上げ、その後証人は遺言内容を確認するので、証人は遺言書の内容を知ります。この証人から遺言書の内容が他人に漏れる可能性があります。証人は信頼できる人にしましょう。

●2人以上の証人が必要
証人は必ず2人以上必要なので、信頼できる人を探す手間が掛かります。ただし、信頼できる人がいない場合は公証役場で依頼することもできます。

公正証書遺言作成の手順

<1>法定相続人が誰なのか調べる
法定相続人が誰かわからず財産を譲らなかった場合、法定相続人からの遺留分の減殺請求などが考えられることや、相続人だからと文句を言う者もいるため、あらかじめ法定相続人が誰かということを把握しておくべきです。
<2>どのような財産があるか調べる
遺言書は実際に不動産の登記や預貯金の名義変更を行う際に必要となる書類ですから、財産の正確な情報を記載しなければなりません。それをふまえて、財産リスト(財産目録)を作成したほうが誰に何をあげるかがわかりやすいので作ったほうがよいです。また、以外に思われる人もいるのですが借金(負債)も財産となります。財産とは資産だけではありません。この資産と負債を調べて遺言を作成しておけば、相続人は相続放棄も考えることができるので、相続人は助かるはずです。
<3>遺言書の文書を考える
自筆証書遺言と違い清書する必要はありません。相続後に人間関係が悪くならないようにできるだけ遺留分を考慮しながら<1>、<2>をもとにあなたが誰に、どのような財産を譲りたいかを書きましょう。
<4>証人になる人を探します
公正証書遺言をするには必ず証人が2人以上必要です。必ず信頼できる人に、証人になってくれるように依頼してください。なぜかというと、証人は遺言書の内容を知ることができるので、他人に遺言書の内容を漏らすこと可能性がゼロではないためです。その内容を知った相続人が嫌がらせをしてきたり、相続前から争いが起こることも考えられるためです
<6>公証役場に予約をして打ち合わせをする
予約当日に公証役場に行き、遺言書のことや必要書類を聞きます。
<7>必要書類や公証人に指示された書類を公証役場に届けます
印鑑証明書を市役所から集めたり、登記簿謄本を法務局から集めたり等をして、公証人に指示された書類を集めて提出します。
<8>公証人と打ち合わせ
公証役場に行き遺言書の原案を見せ、作成する日時等の打ち合わせをします(遺言書で問題がある場合は再度打ち合わせをします)。
<9>公証役場で遺言書を作成する
証人と遺言者は公証役場に行き、公証人が遺言書を作成します(公証役場に行くことができない場合は公証人に出張してもらうことができます)。
<10>遺言書の完成
遺言書の原本は公証役場に保管され、謄本や正本は遺言者に交付されます。これで遺言書の完成です。なお、遺言書を取り消したい場合は、公証役場に原本があるため、正本や謄本を破棄しても遺言書が取り消したことにはなりません。取り消したい場合は公証役場で取り消しましょう。
スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする